【テトリス99】君たちはどうテト1を取るか Part.2【初心者向け?】

ノア

直近の平均順位が10位以内だと画面が光る♪

前回は、上位に入ることの重要性やバッジ、作戦について解説した。
今回の記事では、テトリス99に合わせたテトリスの技術的な部分や立ち回りについて書いていこうと思う。

【テトリス99】君たちはどうテト1を取るか Part.1【初心者向け?】

また、これも前回の記事で述べたが、もちろん一人でテトリスをコツコツ練習するというやり方もアリである。
そういう場合はぷよぷよテトリスがおすすめ。ここでは実戦の中で学ぶことを重視して書いていくが、もし興味が湧いたら是非触れてみて欲しい。

それでは、いってみよう。

死なないためにやるべきこと

地形は低く!

上位に入るために意識するのは、とにかく「途中で脱落しない」ことだ。まぁ、それを最後までやれれば苦労しないんですが……
そのため「相手を倒すこと」に関してはあまりリソースを割かなくていい。前回とどめうちよりランダムやカウンターを推奨したのも、やはり防御を重視すべきという点からだ。

さて、何をいまさらと思うかもしれないが、テトリス99では「上までブロックが積み重なり、次のミノがフィールドのミノに重なってしまう」とゲームオーバーになる。
それを防ぐためにはどうすればよいのか。相手の攻撃を一切受けなければいいわけだが、当然そんな甘い話はない。

結論から言うと「敵の攻撃を受けても大丈夫なように、地形を低くすればいい」のだ。つまり、あまりブロックを積み重ねず、ヤバいと思ったら1~3ライン消しでもいいからとにかくラインを消去していくことが上位を目指すうえでの大事なポイントになってくる。
それに加えて……あくまで余裕があればでいいが、敵から攻撃されたらその攻撃を相殺することも考えておこう。相手が4ライン送ってきたという時、こちらも4ライン分の攻撃を返せばこちらはせり上がりを全く受けない。ただし、これにだけ意識がいってしまうと敵の攻撃に備えて高く積み上げてしまうという矛盾が発生してしまう。

やはり、まずは地形を低くすることが重要だ。もしせり上がりを受けてしまっても、ゆっくり掘って(相手の攻撃によりせりあがったお邪魔ラインを消化することを「掘る」と言う)いけば問題ない(終盤などでミノの落下スピードやせり上がり速度が速くなる時、テト1を目指す時などは少し話が変わってくるが)。

どのように積み、どのように消すか

しかし、ずっと防御一辺倒だと相手の強力な攻撃を相殺できずやられてしまうこともあるだろう。
はっきり言って、これは別に「気にしなくていい」のだが、1~3ライン消しを連発していると特に攻撃の相殺は難しくなる。バッジを拾う必要性もあまり高くないとはいえ、やはりあった方が強いのも事実。何より、相殺時も攻撃力が上がる。

ということで、攻撃の仕方についても覚えておく必要があるのは確かだ。ここでは、そもそもどう積めばよいかについてと、効率のいい攻撃のやり方を解説していく。
とはいえ、そんなに難しいことでもない。地形を低くすることが簡単にできるようになったら初めて意識すればいいし、攻撃の技術は防御にも繋がる。攻防一体という訳だ。

テトリスには様々なテクニックがあるが、攻撃方法は主に3つに分けられる(テトリスの奥はかなり深くそんな単純ではないが、便宜上こう分類する)。それを挙げていこう。

1.テトリス

ゲームタイトルにもなっているが、こちらはライン消去の意味でのテトリス。
単純に、Iミノ(水色の棒)を穴に突っ込んで4列消しする技がテトリスという名前になっている。

ノア

技と言うほど技巧的かはともかく……

攻撃力は4ライン。BtB(Back to Back、テトリスやTスピンを行った後続けてテトリスやTスピンを行うこと)付きで5ライン。

2.T-spin

これを

こう消します

T-spin(以下Tスピン)。はっきり言って初心者は一切覚えないでいいが、一応説明しておく。
Tミノを回転入れしてラインを消去すると攻撃力にボーナスが入るシステム。1ラインを消す「T-spin Single」2ラインを消す「T-Spin Double」3ラインを消す「T-Spin Triple」特殊な1ライン消しの「T-spin Mini」の四種類がある。
攻撃力は、シングルが2ライン、ダブルが4ライン、トリプルが6ライン、ミニが0ライン。BtBが付くと全てに+1ライン。

ノア

……よくわからない? そのままで大丈夫です

3.REN

これは端空け4列RENといい、端に3つミノを残してあとは全部右端(or左端)6列にミノを重ねていく(実はかなり組み方下手なのだが許してほしい)。

これを少しずつ消していく。これで1REN。

そのまま1ラインずつ消していき、11回連続でやると11REN。1ライン消しの割に攻撃力は破格である。

ライン消去を行った後、ライン消去を伴わないミノの設置をせずライン消去を継続する攻撃方法。噛み砕いて言えば、続けてライン消去すること。
攻撃力は1~2RENで1ライン、3~4RENで2ライン、5~6RENで3ライン、7~9RENで4ライン、10REN~で5ライン。これは他の火力に追加される(例:1RENでテトリスを撃った場合火力は5ライン)。

他に、普通の2ライン消しは攻撃力が1ラインで普通の3ライン消しは攻撃力が2ラインだったりするが、とりあえずは上記の3つを覚えて欲しい。効率のいい攻撃を行う場合は、大体このどれかを選択することになる。

 

ここで、まずは上位に入りたいという初心者は何を選べばいいだろうか。
「攻防一体で最強ともいえるREN?」「火力効率が良く対応力も高いTスピン?」……

 

いやいや、そんなことはない。初心者は「テトリス」を撃つことだけ考えればいい(もちろん、地形を低く保つためなら1~3ライン消しもOKだ)。

 

TスピンやRENは初心者の場合結構(と言うかかなり)積みづらい。また、撃った後に地形が乱れて結果的に高く積み上げてしまう……ということもある。
その点、テトリスを狙う積み方は直感的に組みやすく難易度も高くない。Iミノが来たら穴に突っ込むだけなので難しいことを考える必要もない。
なにより、テトリスを狙う積み方は「地形をでこぼこにしない」ことが求められるのでそれの練習にもなる。この技術はテトリス消しのみにとどまらず、TスピンやRENを組む場合でも大いに役に立ってくれる。

さて、テトリス消しを狙う積み方をテトリス用語で「平積み」という。基本にして一番大事な技術だ、これをおろそかにしてはテト1は程遠いといっても過言ではない。私のように雑に覚えないようにしよう

テトリスを狙うために必要なのは「Iミノを突っ込む穴を作ること」「Iミノを穴に突っ込んだ時テトリス消し(=4ライン消し)になること」の二つだ。
こう言うとちょっと面倒に感じるかもしれないが、実際は簡単。右端か左端を1列だけ空けて(実は真ん中を空ける積み方もあるのだが、あまりにも高難易度なのでここでは省く)、その穴以外を全てミノで埋めてしまえばいいのだ。

このように積めば、あとは左端にIミノを入れるだけでテトリスの完成である。

基本的に、初心者は平積みだけをやっていれば問題ない(※)。もし相手から攻撃が来たり積み方を間違えて(置きミス)しまったら、冷静に1~3ライン消しを挟んで地形を低くしつつまた平積みに戻ろう。
テトリス消しを勧める理由はもう一つあり、それは「自陣を4ライン消化できるため」というものだ。TスピンやRENに比べて「地形を低く保つこと」「効率よく攻撃を相殺すること(4ライン消してさらに相手の攻撃がある場合は4ライン相殺できる)」に優れている。

 

相手から攻撃を受けた! このまま積んでいるとちょっとマズいことに……

BtB付きのテトリス消しで5ラインを相殺。これで攻撃の威力を大きく軽減し、自陣にも余裕が生まれた。

 

※余談
当然だが、これはあくまで初心者が上位を目指す場合の立ち回り方。中級者以降であればTスピンやRENは必須の技術になってくる(特にRENはことテトリス99において非常に強力である)。
初心者がこれらの技術を学ぶ必要はないという見解は重ねて示しておくが、もしここに書いてあるやり方でも上位に入り込めないという場合は練習する価値はあるかも知れない。とはいえ、基本はテトリス消しと言うことを忘れないようにしよう。中級者や上級者だってテトリス消しは常に戦術に絡めているのだ。

 

“テトリスにTスピンはない。RENもない。そんなものは忘れろ!

あるのはテトリス!”

―ノア

まとめ

ノア

また長くなってしまった……

次回は終盤の立ち回りに関してや、速度上昇への対応に関して書くだろうか。
そして、いよいよ「上位に入ること」から「テト1を目指すこと」にシフトしていく。ここまでの技術をよく覚えていただければ幸いだ。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です