【テトリス99】君たちはどうテト1を取るか Part.1【初心者向け?】

今回はテトリスについて、特にテトリス99についての記事。

テトリス99、ニンテンドースイッチオンラインに入っていればだれでも無料で遊べる大人気(多分)のゲームだ。
これはなんと「99人でテトリスによるバトルロワイアルを繰り広げ、99人中1人しか取れない最後の生き残り、テト1を目指す」……というなかなか破天荒なゲーム。

ノア

今流行りのバトロワ系ゲームと古くから遊ばれているパズルゲームテトリスが、まさかのクロスオーバー……

そしてこのゲーム、非常に面白い。
テトリスという誰もが知っているゲームのハードルの低さ、それに対して「トップを取らない限り負け」というハードルの高さが……なんかこう、いい感じにマッチしているのだ。

ノア

語彙力どこへ

特に他のバトロワゲー(PUBG、APEXやフォートナイトあたり)をやっている方ならうんうんと同意してくれると思うが、やはり「トップを取った時の快感」はすさまじいものがある。
なんせ99人いる中でのトップだからな、それはもうものすごい。私はガッツポーズをするレベルである。その後拳を高く掲げたりもする。一人で何やってるんだろうな私は。
とにかく、一度この快感を覚えるときっと病みつきになるだろう。

しかし……先ほども言ったが、これを得るためには「99人いる中のトップ」を取らなければならない。
特に「このゲームに触れる」というような方は、何がなんやらわからずボコボコにされた……ということもあるのではないか。

さて……そんな方たちのために、この記事では「初心者がテト1を取るためにはどうすればいいのか」ということについて書いていこうと思う。
筆者の実力は……400戦で10勝するくらいである。そんな強い人が書くのだからこの記事はもうあらゆる面でただし……

ノア

……別に強くなくない?

嘘です。実は400戦やって10勝は「普通の人よりはちょっと強い」程度だと思う。

……が、今回は逆にそれを活かした記事にしたい。つまり「ちょっと強い程度の人の視点から攻略する」ということだ。特に初心者、初級者の方には参考にはなる……と、思う。

なお、この記事は「テトリスの基本的なルールは知っている人」に向けて書く記事だ。完全な初心者でもなるべくわかりやすいように書くが、テトリスの基本的なルールがわからない方は是非他のサイトなどで学んでみて欲しい。

ノア

もちろん、実際にプレイしてみるのもアリだね……ともかくいってみよう

まずは上位を目指そう

なぜ上位を目指すのか

いきなり矛盾しているが、はっきり言っていきなりテト1を目指すのは無謀だ。
テトリスにある程度通じているor類まれなセンスがある人は別かもしれない(ちなみに私は一応前者なのでそこそこ戦えている)が、そうでない人が始めてすぐテト1……ということはなかなかないと思う。何度も言うが、99人の中で1位になる必要があるので。

ではどうすればいいか。練習する? 勿論それも大事だ。特にテトリスオンラインやぷよぷよテトリスなどでひとりコツコツ練習するだけでもスキルはだいぶ身につく。

だが……ここではそれは省かせてもらおう。一番いいのは練習すること……それは間違いないが、当然これは実戦をひたすらやりまくることでもほぼ同じものが得られる。いや、むしろ一人で練習するより実戦に関しての成長が早くなるかもしれない。

ということで、とりあえず全ての人に言えるのは(他のテトリスソフトでもいいが)テトリス99をやりまくること」が上達の近道だろう。

ノア

……え、そんなことわかってるって?

おっしゃるとおりである。そんなことは誰でもわかっているだろう。しかし……実戦でどう戦うかというのを意識することによって変わってくるものがあるのだ。

何を意識するか……これは見出しに書いてある通りだ。ずばり「上位に入ること」が重要なのだ。

なぜ上位に入ることが重要かというと、理由はいくつかある。「1プレイの時間が長くなるのでゲームの流れをつかみやすい」「テトリミノの落下スピード上昇に対応しやすい」……これだけでなく「偶然が重なればテト1が取れる」そして何より「上位に入ると楽しい」あたりが挙げられるだろうか。

「いやいや、それができたら苦労しない……」そう思う方もいると思う。だが安心してほしい。
テト1を取ることはともかく、上位に入るだけならちょっとしたコツで一気に確率が上がるのだ。それをこれから並べていこうと思う。

バッジシステムを(ざっと)覚えよう

テトリス99には「バッジ」というものがある。これは非常に単純で「相手をK.O.する(倒す)とバッジが貰えて、バッジが増えると攻撃力が上がる」というもの。
また、KOした相手が複数バッジを持っていた場合それらも全部貰うことが出来る。このシステムにより「相手を積極的に倒した方がいい」「終盤でも逆転のチャンスがある」などの駆け引きが生まれるのが面白いところ。
しかし、このバッジについてだが……

ノア

初心者は多分覚えなくて大丈夫です

このバッジ、テト1を目指すなら「絶対に必要」なものなのだが、実は初心者だとそうでもないと思う。というのも、攻撃力が上がっても死ぬときは死ぬからだ。
残り10人になったあたりで本当に生きるか死ぬかの戦いをするならバッジの攻撃力差は当然無視できないが、とりあえず上位に入ればいいというスタンスで書いていることもあり、バッジシステムについては後述しようとおもう。

「作戦」を覚え、切り替えよう

上にあるのが4つの作戦。今はカウンターを選択している。

テトリス99には「作戦」というシステムがある。これは「ある傾向に合わせてターゲット(攻撃する対象)を変更する」システムだ。
なにぶん99人で戦うので、いちいちカーソルでターゲットを選ぶのも大変だし……

そしてこの要素、地味に重要である。地味にというか派手に。
もちろん、極論すれば「テトリスがうまければ勝てる」ゲームなのだが、それがいつだって通るわけではないし、なにより「テトリスがうまくない」初心者にとっては尚更この要素は無視できない。

作戦には4つの種類がある。これは重要なので、ぜひ熟読していただきたい。

・ランダム

一度攻撃するごとにターゲットを切り替え、見境なく攻撃する。
「カウンター」「バッジねらい」の標的になりづらい反面、攻撃が分散するのでバッジが集まらないという欠点もある。実はカウンターより防御的な作戦。

・カウンター

こちらをターゲットにしている相手「全員」に攻撃を送り返す。
このゲームは「自分にターゲットが集まるほど攻撃力が上昇する」という特徴がある。つまり、自分にターゲットが集まっている状態でこの作戦を選べば相手をまとめて返り討ちにすることも可能だ。この作戦だけ複数人に攻撃できることも重要。
一方、こちらを狙っている相手が少数である時はバッジを稼ぎ辛い。ランダムに次いで防御的な作戦。

・とどめうち

ピンチの相手を攻撃する。最後の一撃が自分であればKOになるので、バッジを集めやすい。
その割に自らのリスクが少ないため選び得の作戦のように思えるし、実際そういう側面はある。
……のだが、あえてピンチの状態を作って(が、実際はピンチではない、いわゆる「ピンチ偽装」)「とどめうち」を選んでいる人のターゲットを集めてから「カウンター」により一掃するという戦法があり、それにかかると非常に苦しくなる。攻撃的な作戦。

・バッジねらい

現時点でバッジが多いプレイヤーを攻撃する。
当然相手はバッジが多いので高い攻撃力により倒される可能性がある反面、攻撃が決まりその相手をKOした場合は大量のバッジを獲得でき、さらにその時点でのトップを排除できるというハイリスクハイリターンな作戦。非常に攻撃的な作戦。

以上、この4つの作戦だ。

 

 

さて……この4つの中で初心者が選ぶべき作戦はどれだろうか……? と、これは恐らく明確な正解なので書いておこう。

ずばり「ランダム」か「カウンター」の二択だ。とどめうちとバッジねらいは封印してよい(テト1を目指す場合は全く話が変わってくる)。

まず、今目的としているのは「上位に入ること」だ。そのため、バッジは集めなくても良い(バッジがないと終盤苦しくなるのは間違いないのだが)。
とどめうちは少なからずカウンターのリスクがあるし、バッジねらいはもってのほか。上級者から攻撃を受け何が何やらわからないまま落ちる可能性もある。

一方、ランダムはカウンターを極めて受けにくく集中砲火も受けづらい。基本的に初心者はランダムを選んでおけば、偶然であっても上位に食い込める可能性は出てくる。
もう一つ、これは余裕があればだが、もし自分にターゲットが多く向いていたら「カウンター」に作戦を切り替えよう。もしくは、ある程度ゲームに慣れてきたら同じく「ランダム」よりも「カウンター」の方がよい。若干バッジをとれる可能性が上がるためだ。先ほども述べた通り基本的に初心者のうちはバッジはとりにいかなくてよいのだが、それでもワンチャンスがあれば狙うのはアリ。
逆に、強力な「カウンター」を受けている局面があれば、その時は一度作戦をランダムに切り替え地形をならしつつ態勢を立て直そう。

それならとどめうちも……と言いたいところだが、とどめうちはピンチ偽装のカウンターを受ける可能性があるため慣れないうちは選ばない方がいい。とはいえ、さらに上達してきたときや、かなり余裕がある時などは選んでみるのも良いか。
バッジねらいは封印しよう。上級者向けの作戦である。そして私も封印している。

続きは……Part.2に譲ろう。ちょっと長くなってしまった。

まとめ

テトリス99でテト1をとるのは、記事中で何度も書いているがやはり難しい。この記事がテト1が取れない方の役に立てば幸いだ。
次回はテトリス99における立ち回りだけでなく、テトリスそのものの戦略などについても触れていこうとおもう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です