パワプロ2020プレイ日記、サクセス編Part.1【パワフル農業大学編】

ノア

ということでパワプロ2020を買った!

はい、上記の通りパワプロ2020を買った。

最初は何のモードをやろうか迷っていて……結局「パワフェス」をやったのだが、スクショをあんまり取らないという痛恨のミスをやらかしてしまった。
ということで、パワフェスは置いておいて今回はサクセス「パワフル農業大学編」について書いていこうと思う。もちろん初見プレイだ。

ノア

ということで、いってみよう♪

サクセス・パワフル農業大学編

ということでさっそくパワフル農業大学に。めぐる監督可愛くない?
この雰囲気と容姿、どことなくラブライブの希ちゃんを連想してしまうのだが私だけだろうか。

ノア

でもこの人攻略不可って事前情報で知ってるんだよね……

一気に7月まで進みます。実はサクセス序盤の方もスクショをさぼってしまった。
というかそもそも、プレイ日記を書くという目標自体忘れてしまっていた。後半で気付いたので許していただきたい。

監督のスクショしか撮ってない。困った。
季節は10月に。

今更だが、このパワフル農業大学編の独自要素として作物を育てて収穫する「農業」というものがある。
作物を収穫すると体力が回復したり経験点がもらえたり、色々いいことがある。
何か種を買って植える……みたいな作業はなく、練習時に仲間が種を持っていれば自動で撒いてくれて、育ったら自動で収穫できる。
対応する練習を選ばないといけない(球速練習に収穫したい作物があったら球速練習を選ぶ必要がある)のは注意が必要だが、いちいち作業コマンドを選んだりはしないのでテンポは悪くない。

ノア

作物を育てるってだけだとルーンファクトリー4を思い出すなぁ……

また監督のスクショ。早くも企画倒れかと思われそうだがそんなことはない……

ここでようやく監督以外のスクショが出てきた。マネージャーの稲穂亜希ちゃん。いかにも農業っぽい名前。
こっちもかわいいのだが、残念ながら初見サクセスは彼女を作る予定はない(余裕もない)のでまたの機会に……そのはずだった。

ノア

練習風景のスクショとかないのかよ

……これ以降監督のスクショについてのコメントはスルーだ。

さて、年も明けて1月に。また気合を入れ直してがんば……

ノア

は?

えっ、なんか何もしてないのに付き合う流れになっちゃったけど……

ノア

いやいやいや、ホントに何もしてない……デートコマンドも一切選んでない……

まぁでも、さすがにこう迫られると断るのもアレなので

ノア

はい

こうしてマジで何もしていないのに初見サクセスで彼女ができた、できてしまった……
亜希ちゃんはかわいいし好きだしいいのだけど、こんなチョロインで大丈夫か……?

そんなこんなで春季リーグ一回戦。ここでようやくスタメンに選ばれる。
なんとパワフル大学vsパワフル農業大学という似たような大学が激突するカードに。スコアボードにはPとパが並んでいたが……どっちかわかんないよ……


ノア

恒例の監督ストーキングをやってきたかいがあった……
当然だが変な意味でのストーキングではない。

結果、延長の末劇的サヨナラで勝利。
またまた今更だが、今回は投手を作成している……っていうか、この時点でスタメンに選んじゃっていいのだろうか主人公……

そして最終戦へ。相手は白薔薇かしまし学園大学。
ぶっちゃけ涼風のロゼ・ルージュが強い印象しかない。

ノア

あ、負けました(投了)


難易度を一番低いフレッシュにしているのになぜ……
後に話すが、実は難易度フレッシュは若干地雷感があったりする。

ええっと……この金特コツは何のイベントで取りましたっけ……

さっそく金特「不屈の魂」を取得。この時点での能力値はこんな感じ。

球速がカスだが、スタコンBにSFF4とスライダー2があるのでそこそこ投げられる感じ。
個人的に、サクセスでの投手作成はまず最初にスタミナを上げて長く投げられるようになるべき……だと思ってるのだが、どうなのだろうか?

練習試合、相手は六面大学。
パワプロ2014でもお世話になった、サイコロを転がしてすべてを決めるという割ととんでもない大学である。
その上サイコロの目に7とか8を追加してた気がする。カイジの大槻班長もびっくりですね。

主人公が完封を決めて勝利。

木枯君にささやき戦術が付いた、これは強い。
……木枯君の説明をしていなかった。なんかすごく風格のあるとても同年代とは思えない感じのキャッチャーである。

一番右が木枯君。
真ん中が玉根君。小学生並みに子供っぽいキャラクターだが、これでもモテるらしい。クワガタとかとりに行く。ド根性とかも持ってる。
左にいるのが和良比君。優柔不断だが4年時のキャプテンを任されている。個人的にはパワフル農業大学編で一番のイケメン。
矢部君は……説明なしでいいか。

ノア

相変わらず農業っぽい名前が多い


なにわろてんねん。

さて、ここでライバルポジションである獅乃木君が登場。


ノア

のんきと言われても仕方ないような……

そんなこんなで7月まで来ちゃったのだが。ここまでサクセスっぽい練習の説明とか登場人物の説明とかを一切やってないが。
金特「鉄腕」のコツを入手。調子に影響されにくくなるという効果なのだが、ピッチャーは基本絶好調か好調でしか投げないのでこの能力が強力かは微妙なところである。
そもそも、パワプロの特能は大体謎に包まれているのだが……

あーあ、9月だよ。
ついに最終決戦である秋季リーグまできてしまった……

ノア

次回の提供国際大学編はもっとたくさんスクショ撮るようにしよう……

またパワフル大学vsパワフル農業大学のカード。紛らわしすぎる。
能力値的にはまだまだ不安はあったのだが、なんとか勝利。最終決戦なだけあって、ここはそう簡単に負けられない。

さて……難易度フレッシュについてなのだが、これは「投球は投球ボタンを押すだけ」「打撃はタイミングを合わせて振るだけ」と非常に簡素になっている。
……のだが、投球に関しては裏を返すと球種コース全て固定であり、さらにCPUはやたら特定の変化球を選んだり変なコースに投げたりする。
CPUの投球術自体は悪くないのかもしれないが、ボール3でストライクゾーンに入れたい時に明らかなボール球を投げたり、逆に1球外したいところで甘いコースに投げ込んだりという面も目立ってしまった。
初心者向けと銘打ってはいるが、野球操作を楽しむ意味でも一つ上の難易度「ルーキー」を選んだほうが良いように思える。

ノア

ストーリーを全部見たかったからフレッシュにしたけど……うーん……

試合後に今更体力最大値アップアイテムを持ってくる矢部君。お前……

この時点での能力アップ画面。ついに球速が140km/hに……いや遅いけど

リーグ最終戦はイレブン工科大学。
イレブン工科大学と言えば、あの橘みずきを擁する大学である。


スクショ取り忘れたけどな。

ノア

余談だけど、筆者はクレッセントムーンが苦手だったり……

主人公→玉根君の継投で勝利。秋季リーグ大会を見事制した。

次は秋季全国大会に。
一回戦の相手は秘湯大学……って、どこだよ……

ここでようやく打撃操作が解禁に。私は守備が苦手な一方打撃は普通(良くはない)ので「チャンスと9回と全員操作」にした。
以後の試合もすべてこの設定である。

結果は見事勝利。主人公完封。

お前ら金特ポンポンつくな……

ノア

私に分けて欲しい……

この時点での能力アップ画面。
体力回復コマンドの代わりにメンタル練習を連打していたせいか、精神ポイントが余りまくっていたので「根性」を取得。

秋季全国大会準決勝、相手はサクセスでも選択できる大学の一つ「提供国際大学」

ノア

パワフル農業大学編をクリアすると解禁される大学だね、次にやるシナリオはこれ

主人公の闘志あふれるピッチングで完封。

ノア

決勝進出!

そしていよいよ秋季全国大会決勝へ! 相手はメガロポリス学院大学。
(なぜかスクショないけど)獅乃木君擁する強敵だ。

ノア

ま、勝ちますけどね

ここで、めぐる監督と獅乃木君の過去が明らかに。
獅乃木君はめぐる監督の育成方針に反発し練習をボイコットして学校に立てこもったのだが、それを見た保護者が野球部全員の退学を要求。
しかしめぐる監督はそれに対して謝り倒し、自らがやめることと引き換えに獅乃木君ら野球部の退学を免れたのだった。

ノア

これは普通にいい話だね

そして月日は流れドラフトに……選ぶ球団は勿論読売ジャイアンツ。なぜなら彼もまた、特別な球団だからだ。

そして……ドラフト2位指名獲得! 晴れて初見サクセスで無事プロ入りを果たしたのだった。


ノア

ま、ここでゲームオーバーとかだったらシャレにならないけどね

さて、これでサクセスも終わり……そう思っていた。

ノア

……ん?

ノア

日本代表!?

日本代表編へ続く……

サクセス・パワフル農業大学編(日本代表)

ノア

「まさかテメェが日本代表入りするとはな」って、こっちのセリフだよ

さて、注目の世界大会1回戦。相手はオランダ

ノア

……打線豪華!
4番滝本君(西強大学)、5番清本君(同左)とかはっきり言って負ける気がしないんですけど。

ノア

清本君は満塁でも敬遠が最善とまで言われる強打者……滝本君もミートAパワーSの強打者……

負けるはずがなく……主人公の完封でゲームセット。

そのまま今度は世界大会決勝へ。ついにサクセスは本当の最終決戦を迎える……

対するはバーリス擁するアメリカ代表。日本も野球のレベルでは負けず劣らずとはいえ、ベースボールの本場である。
まさに最終決戦にふさわしい相手だ。

バーリス対滝本、屈指の好カード。さすが世界大会と言うべきか。

ヤーベン君アルヴィン君と言ったアメリカを代表する選手も揃う。懐かしいメンツでもある。

と、ここで……

ノア

申告敬遠……

申告敬遠の演出が。
こういうのを見ると野球も変わっているなぁと実感してしまう。パワプロでもしっかり取り入れられているルールなのだ。

ノア

私は普通の敬遠の方が好きだけど、試合時間短縮の意味でも導入すべき要素なのかも?

9回裏、主人公に代わって獅乃木君がマウンドに。
かつてライバルだった二人、主人公から獅乃木君の継投である。これはアツい。


ノア

なんでピッチャーが当然のごとくパワーAなんですかね

しかし勝利! ついに日本の頂点だけでなく、世界の頂点に立ったのだ。

日本代表として共に戦う過程で獅乃木君とも友情が。それにしても彼は照れ屋らしい。

エンディング

日本代表編も終了し、今度こそ物語は終わりを迎える。

ノア

木枯君一年下だったの!?
今明かされる衝撃の真実ゥ

金特のコツがどんどん手に入る……が、経験点が恐らく足りないんですが……

そして亜希ちゃんとも無事エピローグを迎えることに!
成り行きで彼女になったとはいえ、さすがに無下にするわけにはいかずデートコマンドも選んでいたが……それが実ったようだ。

終わりに

まず、作成した選手がこちら。

ノア

……弱い
初見だからと言い訳したいところだが、さすがに最終能力がこれは弱すぎる……
これじゃスーパーエースなんて夢のまた夢なんですけど……以下反省点。

ノア

作物の活かし方がわからなかったかなぁ
割と作物収穫システムを活かせてなかった気がする。適当にやってても勝手に収穫してくれるのは助かるのだが、もうちょっと水やりや収穫のタイミングは考えないといけないのかもしれない。

次、難易度フレッシュの取得経験値が少なすぎた。次からはルーキーでやろうと思う……

ノア

……ノーマル以上? 無理無理

他には……経験点の配分が適当だったかもしれないな。強力な特能が揃ってはいるものの、基礎能力にももう少し振って良かったかと思う。
特に球速143km/hは……うん

ノア

最後に感想!

ということで、パワフル農業大学編は終わりだ。
中々育成はうまくいかなかったが、シナリオはよいし作物の収穫システムも面白い。
最初にやるサクセスというポジションで見てもなんだかんだやりやすく、総じて出来はいいように思える。

ノア

最初は作物育てるとか難しそうだと思ってました
最低難易度とはいえ無事世界大会決勝に勝てたし、とても楽しめた。次はもっと強い選手を作りたい……

次回は提供国際大学編? ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です