ふと思ったのだが、桃鉄をe-Sportsにしても良くないか?

「何言ってるずら……」「eスポあんま舐めんなや」

と、そう思われる方がほとんどだろう。格ゲーとかぷよぷよとかのe-Sportsを真剣にやっている人にはなんだか申し訳ない記事である。
しかし、個人的には1%ほど「桃鉄のe-Sports化」の線があっていいと思うんですよね。
なぜそう思うかというのを以下に書いていく。

なぜ桃鉄をeスポに推すか

桃鉄は運ゲーだが全てが運で決まるわけではない

ノア

桃鉄は7割運

これは私なりの思想なのだが、桃鉄は7割方運ゲーである。が、逆に言えば3割ほどは実力が介入する余地がある……と、思う。
そしてさらに、桃鉄は長期戦になるほどより実力が現れるゲームである。3年勝負とかならサイコロの出目がほぼ全てだが、20年50年単位になってくると「カードの使用タイミング」「物件の購入」「ゲームの知識」などが勝敗に関わってくる。

▼特に歴史ヒーローなどの知識は桃鉄を進める上で非常に重要だ。

まぁ、それでも運ゲーなのだが「この短期戦ではほぼ運、長期戦だと少しずつ実力が……」というゲームには一つ心当たりがある。

ずばり、麻雀である。

麻雀がなぜ競技として成立してる(プロリーグとかも当然あるし、Abemaなどでも麻雀番組は人気である)かというと、やはり実力が介入する余地があるから(もっとも、麻雀の実力が出るのは最低でも400戦ほど必要といわれているが)で「それなら桃鉄も競技として成立するのでは……?」と思うのだ。
ちなみに私は麻雀も少し打っている。まぁ、天鳳二段程度だが……(そしてアカウントは消滅した)

そもそも、eスポというジャンルでどのゲームがe-Sports扱いになるかというのは特に制限がないように思える。公式がeスポだと言ってしまえばe-Sportsになる気もする。
さすがに格ゲーやぷよぷよなどと比べると実力はあまりに出にくいゲームだが、別に「実力が出るゲームがeスポになるべき」という決まりもないので、じゃあ別に桃鉄も良くないかとも思う。
余談だが、桃鉄以外でもe-Sports化してほしいゲームはたくさんある。一番はテトリスだろうか、ポケモンとかもe-Sportsにしてほしい。

桃鉄をe-Sportsにするとしたら

さて、ここが問題だ。いくら桃鉄をeスポ化してほしいといったところで、その形式は非常に面倒である……
先ほど述べた通り「桃鉄は長期戦だと実力ゲー」という性質があるのだが、そのためには長期戦をやらなければならない。
本当に実力差を出すために、麻雀のリーグのように大量に試合をやるとしたら「現実時間の1年内に、4人で50年戦を40回ほど」とか考えたが、これはあまりに現実的ではないので論外である。

ノア

じゃあ桃鉄プロリーグでも作りますか

これも冗談で(まぁ作ってほしいことには作ってほしいが)、実際桃鉄をeスポにするとしたら「50~100年戦を1回」だろうか。
ぶっちゃけこれでもダレる気がするが、これならeスポの配信枠内に収まる気もするし、見てる側もやる側ものんびり楽しめるんじゃないかと思う。

さらに競技性を高め面白くするために「持ち時間の導入」「実況と解説をつける」なども良いと思う。
特に、桃鉄に考慮時間を導入するというのは我ながら面白い案ではないだろうか。「持ち時間1時間、それが切れたら1ターン20秒秒読みでコマンド選択を終えなければならない」とか面白そうである。テンポの向上にもつながる。
実況解説もダレがちな1ゲームを盛り上げてくれると思う。「おおっと、ここで刀狩りを狩っていく!(※1)」「このシンデレラカードは勝負を決するか!?(※2)」みたいな実況つけて欲しい。楽しそう。完全な妄想である

▼まあ刀狩りかわしますけどね

▼シンデレラカードは今作でもぶっちぎりのぶっ壊れカードだ。

※1.相手のカードを1枚か2枚奪える「刀狩りカード」で、相手の刀狩りカードを奪うムーブ。桃鉄では鉄板のムーブである。
※2.物件を一つタダで買える「シンデレラカード」は、特に都心部などで使うと8000億の物件とかを手に入れられるので文字通り勝負を決する可能性が高い。

「桃鉄AI」を誰かに作ってほしい

さて、実況解説といえば「将棋」なども大いに盛り上がる。最近は人間よりよほど強いAIが次の手の候補を表示してくれたりしていて、より楽しみ方が広がっている。
また、このブログでもたびたび書いている「バックギャモン」などでもやはり、AIが最善手を示してくれるので研究などに役立てられる。

ノア

これ誰か桃鉄でやってくんないかな~

ということで、誰かに桃鉄AIを作ってほしい……

例えば、ある局面で「普通にサイコロを振るか」「進行形カードを使って目的地入りを目指すか」「ボンビーをなすりつけに行くか」「便利系カードを使うか」などの中から最善手を表示するシステムや、
バックギャモンのようにエラーレートを表示するシステム(前述の例で言うと、ここは「ボンビーなすりつけが最善手」「進行形カードは特急カードが次善手、急行カードは勝率が1%ほど下がる悪手」「便利系カードは勝率が2%以上下がる大悪手」)なども欲しい。

さらに欲を言うと、サイコロを振った後「どのルートが最善ルートか」なども表示してくれると大変面白いと思う。

ノア

まぁ、現実的ではないけどね……

桃鉄は行動のパターンがあまりに多すぎるので多分とんでもなく難しいのだが、それでも「桃鉄AI」の誕生を願わずにはいられない。
桃鉄AIと人間3人が対決する「電王戦」などもやってほしいところだ。

総じて桃鉄のe-Sports化は現実的ではない

ノア

結局これかよ
現実的ではないですね、はい……
上で挙げた「実力が出にくい」「ちょっとダレそう」などに加えて「そもそもまともに見る人が少なさそう」とかもあって、残念ながら桃鉄のeスポ化は現実的ではなさそうだ。
個人的には、やってくれたら喜んでみるのだが……まぁ、eスポでなくても桃鉄の配信実況などには大いに盛り上がってもらいたいところである。

まとめ

ノア

雑多な記事になってしまった……

やはり桃鉄のe-Sports化はなさそうである。というかそれやってる暇があったらテトリスやポケモンをeスポにしてほしい
とはいえ、それでも桃鉄の楽しさは揺らがない。この記事で一人でも桃鉄に興味を持ってくれた方がいれば幸いだ。
真面目にeスポに打ち込んでる人にとっては若干申し訳ない記事な気もするが、そこは許していただけると嬉しい。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です