「ラブライブ!」シリーズについて語ってみる

ノア

画像はやっつけ
適当なフリー素材や画像なしはアレだったのでラブライブ!風ロゴジェネレーターをお借りしました。

そんなわけで、ついに(?)ここまで語ることのなかった「ラブライブ!」について語っていこうと思う。

以下目次。

そもそも「ラブライブ!」って?

ノア

語ると長くなるんで手短に説明します
現在だと3つのシリーズがある(「ラブライブ!スーパースター!!」については現段階では触れないことにする)

ラブライブ!

9人の女の子が集まり、作中に登場する「スクールアイドル」のグループ「μ’s」を結成。廃校阻止のためにスクールアイドル活動で学校の知名度を上げようという物語。
この説明だと伝わりづらいだろうが、作中ではどちらかというと友情や絆が多く描かれている。そして意外にスポ根的な要素が強い。
スポーツ漫画に当てはめると「仲良く、しかし真剣に甲子園を目指す」と言った感じだろうか。
ちなみに、作品展開はアニメだけでなく漫画、小説、ゲーム(そして現実)など様々なメディアで行われている。

ラブライブ!サンシャイン!!

「ラブライブ!」で伝説となったスクールアイドルグループ「μ’s」に憧れた一人の女の子が、周りを巻き込んでスクールアイドルグループ「Aqours」を結成し活動する物語。
「ラブライブ!」と比べると作品としての描かれ方にかなり大きな差があり、作風は真逆とすら言える(これも長くなるので後々語る)のだが、あらすじや内容自体は似ているといっていいだろう。
こちらも様々なメディアで展開されている。初代「ラブライブ!」はファイナルライブを最後に「ラブライブ!サンシャイン!!」へ世代交代した形になっているので、実質的に現段階でもっとも積極的に展開されているのはこのシリーズ。

ノア

とはいえ「ラブライブ!」の方も結構展開されてるけどね

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

元々は「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」(以下スクフェス)というゲームアプリからモブを集めたのが始まりという異色のグループ。
展開メディアにも大きな差があり、最初は漫画やゲームのレビュー(!)などから展開していた。一応、アニメ化は決定している。
「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」(以下スクスタ)というゲームアプリの主役となるグループであり、それに向けてゲームが開発されていた……のだが、このスクスタが延期なりなんなりあった結果「ラブライブ!」「ラブライブ!サンシャイン!!」に続くコンテンツとして定着するのには時間がかかった印象。
とはいえ、アニメも決まっているしこれから本格的に展開するであろうコンテンツなのは間違いない。
ただし、現在だと公式が最も推している「ラブライブ!サンシャイン!!」と新たな企画として打ち出された「ラブライブ!スーパースター!!」の板挟みになっていたりする。どうしてこうなった。

筆者と「ラブライブ!」シリーズについて

初代「ラブライブ!」について語ってみる

私が初めてラブライブ!シリーズに触れたのがこの「ラブライブ!」なのだが、実は触れた時期はかなり遅い。
2016年、μ’sが紅白歌合戦に出た翌年の1月、NHKでラブライブが再放送されたのだが……シリーズを知ったのはちょうどその時。ラブライブのアニメが初放送されたのが2013年1月であることを考えると、3年遅れてようやくシリーズに触れたということになる。
しかも私はこの時気まぐれで「じゃあ見てみるか」という軽い気持ちで見始めたのだが……この時5分この再放送を知るのが遅れていたら「もう始まってるし見ないでいいか」となっていた。のちに人生を大きく変えるまでに至ったラブライブは、偶然と言っても過言ではない出会いだったのである。
そして案の定というかドハマりして、その後の2期再放送や映画まで全部見ることになった。しかし、ファンの間で伝説になっている(と思う)μ’sのファイナルライブは2016年3月31日。
……つまり、ラブライブ、μ’sに触れてから3か月くらいでμ’sが解散したことになる。なんということか、現役(?)ラブライブファンでいたのはわずか3か月だったのだ。
まぁ、その後「ラブライブ!サンシャイン!!」が出てくるのでシリーズのファンとしては続いていったのだが。

「ラブライブ!サンシャイン!!」について語ってみる

今の私が一番追っているのはこれ。もっとも、μ’sは解散しており虹ヶ咲はスクスタでしか展開していないので必然なのかもしれないが。
μ’sの時はあまりにも遅きに失したいして追えなかったのだが、こっちはばっちりアニメ初期から追っている。
同じくドハマりし、こちらも映画まで見ることに。映画については7回くらい観に行ってる気がする。

「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」について語ってみる

ノア

現在進行形でスクスタで追っている、以上
一応スクスタの以前からあったコンテンツだが、本格的に触れ始めたのはスクスタリリース後。アニメの展開が待ち遠しいところだが、はたしていつになるのだろうか……

まとめ

大雑把だが「ラブライブ!」シリーズとの出会いはこんな感じである。
もっと詳しく書きたいことはたくさんあるのだが、その辺は別記事に譲ります。スクスタのプレイ日記もあるのでそちらもどうぞ。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です