【勇気をだしてみて】FXのキロク Part.2【本当は怖いよ】

さっそく初めて約定をしたので、その取引履歴をしっかりここに記録していこうと思う。
初めての取引となったわけだが、いきなり致命的なミスをやってしまった。しかしこのミスは二度とやることはない……だろう。

ノア

この経験は糧になる(BLT)

※1/7に追記

取引履歴(USD/JPY)

tradingviewのスクショを載せておく。

▼紫の線がエントリーポイント。赤の線が損切ライン、青の線が利確ライン

長期中期で下降トレンドの所、中期トレンドの一番上に来ていたので11:00に【103.161、ショート】で指値注文。すぐ約定。
利確ラインは【102.648】損切ラインは【103.291】ちなみに分割決済はなし(面倒だった)一応のちに分割決済することはできるが、とりあえず今は放置……

※1/7追記
結果的に損切ラインで決済。元々40pips(で合ってるのか?)も拾おうとしたのがかなり無茶だった気もするが、結果論かもしれない。
pipsは-13、損益は-390円。

考察

長期中期での下降トレンドに加えて、中期下降トレンドの平行チャネルの上あたりで若干停滞していたので、そろそろ下がるかと思いショートを入れた。
一応根拠はあったのだが、ポジションを持ちたいばかりに仕掛けてしまった感は否めない(一方、それでもこれは売りで入っていいのではとも思ってる)
ついでに、致命的なミスをしているのだがこの時はまだ気づいてなかったのだ……

その致命的なミスとは……

ノア

1時間足をチェックし忘れました

これ、1時間足を見てみると上昇トレンド(もしくは上昇とも下降とも取れない形)と見てもおかしくないような上がり方をしている。長期中期トレンドの方が強いとはいえ、基本的に勝率が限りなく高い場面で仕掛けるのがFX(だと思っている)、この見落としがなければ恐らくエントリーはしなかった。

まとめ

ノア

現段階ではまとめられそうにない……

とりあえず、次は絶対に1時間足をチェックする……
他に気付いたことや取引の結果が出ればこれも後に追記します。

※1/7追記
上に書いた通り、損切りして-13pipsの-390円となった。
ここから先もおそらく負けることが何度もあるだろう。しかしこんな小さな負けでも結構精神にダメージが入った。
この調子でダメージを与えているうちにメンタルが鍛えられる……かもしれない。それまでに退場しなければ。
注文数を増やそうとも思ったが、明らかにドツボにハマっているので、決定的な場面(そんなものないと思うが)を除き当分は注文数を変えない。
ここでは記してなかったが、今のところ3000通貨(0.03lot)でやっている。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です