パワプロ2020プレイ日記、栄冠ナイン編Part.9【二撃】

ノア

夏春連覇どころか春夏連覇からしてできないんですけど
はっきり言って私程度のヘタクソが春夏連覇とか夏春連覇とか少々目標が高すぎませんこと……?

あまりにも目標が遠すぎるため、転生OBを使うか都道府県を変えるか考え中である。まぁやったら逆にヌルゲーになりそうだけど。

ノア

ともかく9年目ー

 

9年目

9年目春

早速新入部員をチェック、今年は……


ノア

キャッチャー陣が壊滅している……!
とはいえそれ以外は良好だろう。部員も10人入ってくるし、名門校の恩恵めちゃくちゃ大きいな。

因縁の出水南と練習試合、しまった投手戦になるも0-1で勝利。


ノア

できれば春に勝ちたかったな……

9年目夏

気付いたら夏都大会が始まっていた。相手はいきなり強敵、戦力Bの六本木大付属。

しかしここは名門校、そう簡単に負けるわけにはいかない。

ノア

ぶっちゃけ戦力は大差ないけどね

2~4回戦目も特に問題なく勝利。エマちゃんがサヨナラ2ランを放つなどする。

途中で本屋さんがジャイロボールの本をくれた、これはかなりありがたい。大事に使わせてもらおう。

その後もあんまり苦戦なく勝利、夏甲子園出場決定!

ノア

この辺も巻いていこう

これで春夏春夏、通算4期連続の甲子園出場である。

ノア

これは名門校だね♪

ここで小尾君にキャッチャーCが! いつの間にかエマちゃんについてたチャンスEも消滅。
今回は珍しく合宿が好調であった。

8月、いざ行こう甲子園。


ノア

は?
いきなり前評判詐欺を食らい、戦力Bを相手にすることになってしまった……


ノア

東君強すぎでは……

しかしここは1-4で切り抜ける。やはり、投手さえ強ければこのゲームは結構抑えられる気がする。

この時点での総合戦力。誠に遺憾ではあるが、戦力Aに届いたことは一度もない……

2回戦目も容赦なく戦力B(その上さっきより強い)と当たる。


ノア

も、もうダメだ……おしまいだぁ

夏がかなりの難関である……甲子園出場までは安定してきたのだが。
3年生も引退し、エマちゃんをキャプテンに。

毎年恒例の高校日本代表、今年は過去最大の3人を輩出。これは名門校だぁ(恍惚)

9年目秋

日本、2位。1位になったところ見たことないんですが……


ノア

金特? 何それおいしい?

早いもので秋都大会。なのだが、ぶっちゃけこちらも戦力が壊滅しておりかなりやばそうだ……


ノア

どうでもいいけどなんでエマちゃんキャッチャーマスク被ってるの?

1回戦目は勝利……というか、相手が☆100のピッチャーを出してくるという舐めプを食らった。

2回戦目も苦戦しつつ勝利、地区大会へ。


ノア

若大将って、女の子なんだけど……

地区大会も苦戦しつつ勝利、この辺は巻いていく。
これで春夏春夏春5期連続甲子園出場。

そしてドラフトも当然のごとく1位に5人入り。


ノア

37500のパワポイントがおいしい……

毎年恒例、新入生スカウトタイム。今回は山形に。


ノア

う~ん……
イマイチパッと来る選手がいないのだが、それでもバンバンスカウトすべきなのか、それとも抑えるべきなのか……難しいところ。
とりあえず安川君をスカウト、結果は良好。

2連続で引いたので今度は奈良。スカウトも大変な仕事だ。

ノア

というか一日じゃ無理では……おっと


全国大会準優勝の緑川君をスカウト。

9年目冬~春

まだまだスカウトを……と、ここで事件が。

ノア

全国大会優勝!?
ここに来て初めて全国大会優勝の選手がスカウト画面に。選手能力も文句なく、もちろんスカウト。結果は……

良好! 名門校に入れる中学生と戦力を補強できる虹ヶ咲、ウィンウィンである。

そんなこんなで年明け。相変わらず成績だけ見ると強い……

卒業式にはプロ野球選手がずらりと並ぶ。

ノア

……関東の韋駄天3人いますけど


それにしても、関東の安打製造機とまで呼ばれて打率も.350を超えている選手がプロになれないとはなかなか世知辛いものだな。

ノア

もちろん栄冠ナインのシステム上仕方ないんだけどね

選手能力はこんな感じ。


ノア

みんなお強い……
それにしても、虹ヶ咲は一応守のチームなのだが、これを見てると打に傾倒しているような気も……

ノア

打撃特化チームでもいいんだけどなんかねー

さあ春甲子園だ。

ノア

いきなり前評判B……

ここで職人が「ふしぎな変化球ボール」をくれる。
なんとこれ、投手に使うと変化球を1種類増やせるというぶっ壊れ野球道具である。そんなボールがあるか。

第一試合は結局総合戦力Cというまたも前評判詐欺。とはいえ気は抜けないものの、ここは圧勝。


ノア

エマちゃん強い……
特能パワーヒッターはやはり強力なのだろうか。

2回戦目は鳥取の境港水産。正直鳥取って学校数少ないし弱いと思っていたのだが、そうでもなかった。


ノア

鳥取を舐めてはいけない……

結果、乱打戦となるもこれを制す。


ノア

両チーム14安打って……

何度目かの虹ヶ咲旋風。

ノア

新時代って言っていいのかこれ

準々決は群馬のみどり大附属……って、高校名にひらがなは入るんだな。なかなか珍しい気がする。


結果は無事勝利。

と、しかしここで相手に前年度春甲子園優勝校が……やはりそう簡単には勝たせてくれないらしい。

と思ったら

ノア

あーあ、壊れちゃった

なんと22安打16得点で勝利。魔物なしでこれである。守備のチームカラーはどこへやら、完全に「攻撃破壊」のチームになってしまった。

ノア

元ネタはかの強豪校「健大高崎」の機動破壊
まぁコアなネタは置いておきます……

そして舞台は決勝へ……本当の最後の戦いがついに始まる。

相手校は埼玉の蓮田。虹ヶ咲と同じく(?)守備と機動力に優れる強豪だ。

打席に入るエマちゃん。やたら大物打者っぽい風格が……

そしてなんと確定ホームランの演出! このモーションかっこいいな。
実況も期待通りのバッティングと評価。

エマちゃんのソロで同点に戻したその後は両校一歩も譲らず、ついに勝負は延長へ。

そして10回裏、ランナーを二人置いた状態でまたもエマちゃん!


値千金の3ランホームラン! 4-1と3点差に引き離す。

最後は大和田君がきっちり閉め……

虹ヶ咲、2度目の春甲子園優勝!

試合結果、終わってみれば全打点をエマちゃんがたたき出す大活躍。

まとめ

なんとか春2回目の頂点に立ったが、春夏連覇の道はまだその途中である。
ちなみに、この時点での戦績はこんな感じ。

ノア

公式戦勝率8割超え……
もはや「常勝虹ヶ咲」と言ってもいいほど、今の虹ヶ咲には勢いがあると思う。この波に乗れるか、そして悲願の春夏連覇はあるのか。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です