パワプロ2020プレイ日記、栄冠ナイン編Part.6【甲子園】

ようやく夏に飛躍を見せた虹ヶ咲、そんな6年目だった。
はたしてこれは暗黒期脱出の狼煙となるのか。

ノア

6年目スタート!

6年目

6年目春

ノア

そろそろ転生OBなり天才なり出てきてくれませんかね

ノア

……

もはや呪いとしか思えないほど転生OBも天才もこない。
どちらか来てくれれば黄金世代が作れそうなものなのだが、これでは先が思いやられるな……

ノア

残念ながら私に転生OBや天才なしで甲子園連覇とか達成できる実力はない……

スカウトした原井君の性能は悪くないが、ノビEに関してはさっさと消した方が良さそうだ。

マネージャーはまたも女の子。マネージャーにだけは恵まれているらしい。

ということで早速ノビFを消します。

アイドルで練習効率上げたら1回に15能力上がったよってスクショ。

6年目夏

ノア

アイドル無双

アイドルと交流してる場合ではなく、夏の都大会が始まる。
1回戦目の相手はいきなり前評判Cとなかなか不安。今の虹ヶ咲にC相手に安定勝ちできる力はない……

その結果は……


ノア

危ない危ない……
1-4で勝利。初戦とは思えないほど苦戦する虹ヶ咲。

2回戦目は因縁の(?)神楽坂高校。中盤までリードを許すも、無死満塁からひっくり返しそのまま勝負あり。順調に駒を進める。

3回戦目は品川高校。スクショが少ないので多分波乱なく勝ったと思うんですけど。


ノア

掘君がかなり抑えてくれてるなぁ

根岸君が流し打ちに。今作から出た流し打ちのコマンドLv6に必要なのでこれはありがたいか。

ということで、前回記事で述べていた東東京ベスト8は無事達成!
まだまだこれからとはいえ、ようやく夏に悪くない結果を残せた……

ノア

東東京は学校数が多い分大変……

アイドルが仕事をしてくれたところでいよいよベスト4を決める戦いへ。これを勝てば甲子園が近づいてくる。

相手は前評判Cとなかなか。これは互角の戦いになりそうだ……と、思っていたのだが


なんと11安打12打点というすさまじく効率的な攻撃で圧勝。コールドでベスト4進出を決める。

次の相手は葛飾大付属。

ノア

相変わらず相手のランクはCだね、勝ちやすくなるよう調整されてたり?

結果、これも大差で勝利。

ノア

……これ、もしかして打撃型チームの方が強いんじゃ……
そう、そこなのだ。私は今まで縛りプレイもかねて守備からリズムを作る(マモリズム)チームを目指していたのだが……
今作は打撃力が実際の成績に反映されやすくなっているらしく、噛み砕けばミートとパワーを上げれば打つということになる。
守備能力を上げることで抑えられる失点もそこまで大きなものではない(私なりの理論だが、ホームラン打たれると守備もクソもないので)し、今作は打撃型チームの方が勝ちやすいのかもしれないな。

ノア

ま、守備重視を貫くけどね

そんなこんなで東東京都大会も決勝戦に。これに勝てば甲子園だ。

オーダーには好調の選手が揃う。相手校はまたもや戦力C。さすがに決勝は戦力BやらAやらが出てくると思っていたのでこれは少し意外だった。

そしてその結果は……


逆転3ランなどもあり2-5で勝利! この瞬間、夏甲子園への出場が決まる。


校歌を歌うあなたちゃん監督。

スコアを見てみると、相手校は虹ヶ咲を上回る10安打を放っていた。掘君の粘りのピッチングが実を結んだのだろう。

ノア

ということで、改めて……

祝! 夏の甲子園大会初出場決定!

ノア

いやぁ、長かった……
先ほども述べたが、学校数の多い東東京を勝ち抜いて甲子園までたどり着くのはかなり骨が折れた。
しかし、今までせいぜい3回戦までだった虹ヶ咲が一気に甲子園までたどり着くとは……元々ポテンシャルはあったはずだが、今回は組み合わせに助けられた気もする。

だがこれで終わりではない。春夏連覇を目標に掲げている以上、ここからが本当の戦いなのだ。

何はともあれ甲子園にレッツゴー

ここでエース掘君に「お褒めの言葉」を使う。
栄冠ナインは投手の調子がかなり重要なので、ここは出し惜しみしない方がいいだろうと判断。

記念すべき夏甲子園初勝利を飾れるか。初戦の相手はかつて春甲子園でも対戦したことのある座間味農業高校(沖縄)
農業高校ながら野球が強いという異色の高校である。いや偏見かもしれないけど

しかしこれをボコボコにして勝利。夏甲子園初勝利を飾る。

そしてそして……ついに!

ノア

評判が上がった!
ようやく強豪校に。もっと早くやってほしかったのだがまぁいいか……ついでにだが、強豪校と名はついたものの戦力はそれに見合ってない気も……
グラウンドが黒土になり、進行コマンドも7個に増えるといいことづくめ。ここから軌道に乗せていきたいところだ。

余談だが、今作は体感だと学校の評判が「上がりにくく下がりにくい」と設定されているように思える。
中堅校の状態から何度も勝っても評判が上がらなかったりしたし、逆に格下に負けてこれは下がるかという場面でも下がらなかったり。
私としては嬉しいバランス調整なのだが(強豪の評判が瞬殺されるとさすがにイラっとくる)、熟練者にとってはヌルゲーだったりするのだろうか。

閑話休題、2回戦目は強豪の白神岳商工(青森)
総合戦力Bの強敵である。まぁ、ここまで来たから負けたら負けたで割り切ろうと思っていた。

しかしなんと0-7で圧勝。掘君が完封劇。

ノア

ちなみにだけど、甲子園だとコールドはないよ

そして3回戦目。これに勝てば全国ベスト8である。

相手は……関西の強豪綾部(京都)まぁ、今さっき戦力Bに勝てたしいけるいける……


ノア

あ、負けました(投了)

撤退だよ撤退。
個人的には十分である。甲子園で3回戦まで戦えたのは初の快挙でもあるし。

このまま秋に……かと思いきや

掘君が日本代表に! まぁこの能力なら当然かもしれないな。

6年目秋

掘君が帰宅。なんと大会最優秀救援投手の座を収めている。
これなら金特がついたり……と思ったのだが、これでもつかなかった。つく条件は何なのだろう……

秋都大会、相手は大幅に弱体化している神楽坂。3年生が抜けたせいだろうか。

ノア

まぁ、こっちもなんですけどね

結果は辛勝。評判E相手に辛勝って先が思いやられるなおい……

次の試合も辛勝、なんとか地区大会出場を決定させる。

と、ここでグラウンドレベルが99に! 黒土と練習機材のおかげでようやく……長かった。

本屋がとんでもない本を持ってくる。これは大きいですね……よさげなキャッチャーが入部してくれたら即使いたいところ。

そして地区大会に。対戦相手は……

ノア

あっ

夏に強くなると秋に弱くなる、これが虹ヶ咲なのだろうか。

ドラフト会議、今回は甲子園を勝ち進んだこともあってか過去最大の4人がドラフト入り!

ノア

主にパワポイントがおいしい

さて、もはや毎年恒例のスカウトタイム。強豪になったおかげで関東圏以外も回れるようになったが、今回は千葉に行って捕手をスカウトすることに。


結果は良好。すごく強力な選手というわけではないが、悪くはないはず。

連続でスカウトコマンドが来たので今度は富山に。

球速130超えで変化球が強い伊東君をスカウト、こちらも結果は良好だった。

ノア

学校の評判が強豪になったおかげでスカウトも成功しやすくなってるのかな

6年目冬~春

今年の成績は10勝2敗。惜敗も目立ったが、上々だろう。

スカウト祭。今回は長打力に秀でた助川君をスカウト。こちらも良好、やはり強豪校の恩恵なのだろうか。

ノア

スカウトしすぎな気もするけどね

早いもので卒業式。今年の卒業生の進路は……


ノア

またアイドル……
多分二人以上いても意味ないと思うんですけど。

まとめ

秋は失速したが、夏は大躍進を遂げた虹ヶ咲学園野球部。これで春夏ともに甲子園出場を果たした。
次は甲子園優勝を……と言いたいところだが、残念ながらチーム力はまだ低いのが現状。とりあえず強豪を維持することが最優先だろうか……

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です