パワプロ2020栄冠ナイン攻略記事Part.1 育成について

さて、今回は攻略記事だ。
あのリセットで春夏春連覇するという反則の後、普通に春夏2連覇(4連覇)を達成したので

ノア

ちょっとくらい書いてもバレないか
と、そう思ってこの記事を立ち上げるに至った。

書く以上真面目に書くのだが、私自身の栄冠ナインの実力は可もなく不可もなくくらいだと思っているのでガチガチな攻略を求める方には合わないかも知れない……
むしろ、読み物として「こういったやり方もアリなんだな」程度に見ていただければ幸いだ。

今回はPart.1と銘打ったが、ずばり「ポジション別の育成方針」について書いていく。
栄冠ナインは根本的には育成ゲーであり、全選手を「おまかせ」で育成しているとはっきり言ってかなり辛いと思う。
例えば、現実の野球だと「ファーストは守備機会が少ないから打撃が重要」というようなセオリーがあるのだが、これはゲームと言えど同じなのだ。
つまるところ、ポジションに合わせて能力を上げていくことが勝利への道なのである。

ノア

ということで、そのポジション別育成をこれから解説!

ポジション別育成方針

野手全選手共通

いきなり趣旨から飛んでる気もするが、とりあえず最低でも全選手この能力まではあげとけということだ。
これは現実で例えるならば、草野球の選手が突然プロ野球に参加しようとしても「能力が低すぎるからダメ」となるようなもの。

ノア

決して草野球を舐めているわけじゃないけどね
まぁ、現実に例える必要性はともかく一定まで能力を上げる必要性は大いにある。
まず、守備関連の能力が低すぎると野球にならない。
守備力や捕球がGだとエラーがポンポン出るし、肩力がGだと内野安打が増えるのは言わずもがな。特にセカンドやショートがこれだとお話にならない。
それに比べると打撃能力はまぁGやFでもいいけど、これだとやはり全然打たない(一応パワプロ2020は打高(打撃優位)気味だが)。
走力に至っては攻守に影響し、これが低いと内野安打は当然のごとくでないし守備も追いつきたい打球に追いつけないとめちゃくちゃになる。

ノア

ということで、まずは全選手をオールEにしよう

全野手共通の作業として、まず能力に「FとG」が無くなるように育てると良い。それと、弾道は2にあげておくこと。
2EEEEEEの野手ができればとりあえず土台は整ったという感じだろうか。まだまだ能力は物足りないが、とりあえず守備崩壊や打線の沈黙は結構マシになる。
単純ながらこれが一番重要かもしれない。Gをなくす→Fをなくすという風にまんべんなく上げられるとなおよい。

ノア

弾道を上げるタイミングはお好みだけど、早い方がいい気がする

※慣れてきた人向け
もし慣れてきたらor軌道に乗り始めたら、この過程を強化して2DDDDDD(つまりオールD)にできると理想的だ。
オールEよりさらに安定感が増す。打撃能力は物足りないように見えるが、2020だとこれでも結構打ってくれる

続いて、ここからはポジション別の育成解説に移ろう。
わかりやすいように「最低限これは欲しい」という最低能力と「ここまで伸ばせれば理想」という目標能力を目安として書いておく。が、あくまで目安なのであまり気にしないでいいかもしれない……

ファースト

最低能力:2DDEEED
目標能力:3BBDDDC

プロ野球では守備が軽視され逆に打撃が最重要というようなポジション。しかし、実は草野球レベルだとファーストは難しかったりする。確実に捕球する能力が求められるので。

ノア

それはともかく
これは栄冠ナインでも同じで、捕球を最低限上げてあとは打撃に振って十分という感じ。
4番を張らせるならパワー型が理想だが、別にパワー型にしないといけないというわけではなかったりする。ミートと走力を上げた巧打型のファーストもアリ。
能力を上げる順番は「捕球D→パワーD→ミートD→捕球C→残り打撃」より高みを目指すなら弾道4パワーAの長打型に育ててみよう。
ただし弾道については3でも十分なので、無理にあげる必要はない。巧打型なら2ですらあまり困らない。

セカンド

最低能力:2EEDDCC
目標能力:2DDCCBB

ファーストとはうってかわって守備能力が求められるポジション。最低限の走力と肩力も求められる。
理由は簡単で、ゲッツーに絡んだり打球が飛んできやすかったり守備機会が多いため。「センターライン」と言われるセカンド、ショート、センターは守備が重要だ。
内野とはいえ、打球に追いつく必要があるため走力も重要。総じて求められる守備能力は高く、最初は打撃に振る余裕はないかも知れない……
肩力については「セカンドは1塁や2塁に送球することが多いのであまり必要ない」という意見もあれば「外野から中継することがあるので必要」という見解も見られる。
が、別に現実の野球ではないのでお好みでいいかもしれない。ただし、あまり低すぎるとさすがに支障が出るのでDまで上げておくこと
能力を上げる順番は「守備D→捕球D→走力D→肩D→守備C→捕球C→走力C→肩C→守備重視で自由」という感じか。
守備能力は高い方がいいとはいえBあれば大体は十分なので、残りは走力を活かした巧打型(ミートと走力重視)で打撃に振っても良いだろう。

ショート

最低能力:2EEDBCC
目標能力:2DDCBBB

センターラインを形成するショートは、セカンドと同じく守備が重要。しかし、セカンド以上に肩力が求められるためより守備能力に振る必要がある。
こちらはゲッツーに絡んだり打球が飛んできやすかったりだけではなく、ショートへの微妙な当たりを抑える(=内野安打にしない)能力が重要。
現実の野球では知らないが、実は栄冠ナインだとキャッチャーよりも肩力が大事だったりする。理由はキャッチャーの項目で解説する。
能力を上げる順番は「守備D→捕球D→肩D→走力D→守備C→肩C→捕球C→肩B→走力C→守備重視で自由」ショートに関してはミートパワーC以上をあきらめる必要も出てくるだろう。

サード

最低能力:2DDDCDE
目標能力:3BBDBDD

ファーストに次いで打撃が重要なポジションだが、ファーストとは違い肩力も重要。
理由は勿論、サードから1塁へ送球する場合は大抵距離があるためだ。ここで肩力が低いと内野安打になってしまいがち。
また、サード方向にはバントなども飛んできやすいためそれを処理する意味でも肩力は求められる。もちろん守備も最低限はあった方がいい。
残りは打撃能力に振るのがいいだろう。ファーストを巧打型にしたならパワー型に、ファーストをパワー型にしたならパワー型巧打型どちらでも……とすれば、打線のバランスもとりやすくなる。
能力を上げる順番は「肩D→守備D→ミートD→パワーD→走力D→肩B→残りミート、パワー重視」あたりか。

ライト、レフト

最低能力:2DDCEDC
目標能力:2CDBDDC

厳密には求められる能力は違うものの、少なくとも栄冠ナインでは大体同じで大丈夫。そんなライト、レフトについて。
このポジションはとにもかくにも走力が重要だ。走力が高いと守備範囲が広くなり、打席での出塁率も上がると一石二鳥。
また、外野フライを落っことしたりゴロを後逸したりするととんでもなく悲惨なことになるため捕球はかなり大事。それに伴う守備力も重要だ。
しかし捕球はC、守備力はDあれば割と安定して守れるため、残りはやはり走力に回そう。ミートを高め走力と合わせ出塁率を上げる巧打型がオススメだが、パワー型にしても問題ない。
能力を上げる順番は「走力D→守備D→捕球D→走力C→捕球C→走力、ミート、肩力お好み」
肩力についてだが、一見重要そうに見えるが実際はバックホーム時に速度が求められるようになった時点で時すでに遅しなパターンが多いためあまり重視しなくてよいと思う。ライトゴロとかもないし……

ノア

レーザービームが付けば一番いいんだけどねぇ

センター

最低能力:2DECEDC
目標能力:2CEADCC

ライト、レフト以上に走力が大事。打球に追いつく能力が強く求められるため。
また、それに伴う守備力も最低でD、できればC以上まで上げておきたい。走力が高くても、守備力が低いとあまり力を発揮できないので。
もちろん捕球も重要だ。外野の御多分に漏れず、落球なり後逸なりすると恐らくコントローラーを投げたくなるだろう。
走力と守備能力を満足できるところまで上げたら、残りはミートに振るのがオススメ。こちらも巧打型が走力と相性がいいためだ。
肩力についてはやはりというか、ライトレフトと同じで最低限でもいいように感じた。
ただし、センターが中継に投げたりバックホームをしたりという場面は少なくない。不安であれば他を削ってC程度まで上げるのもアリだ。長打性の当たりをを単打にしやすいのもある。
能力を上げる順番は「走力D→守備D→捕球D→走力C→守備C→捕球C→走力B以上、残りはミートか肩力」一応パワー型にするのもアリ。

キャッチャー

最低能力:2DDDCEC
目標能力:3CCDCDB

さっき言ったセンターラインについてだが、これはキャッチャーも含まれる……のだが、栄冠ナインの場合実は守備力はあまりなくてよい。
キャッチャーはそのポジションからあまり動かず(現実では1塁への悪送球のカバーに入ったりはするけど)、せいぜい捕球するのはファウルフライ程度。はっきり言って守備機会はあまりないのだ。
もちろん、もう一つの捕球動作……つまりピッチャーの投げる球を捕るのはキャッチャーの大事な仕事だ。そのため捕球はあげておいた方がいいのだが、守備力は最低限でも良いだろう。
また、一見重要そうに見える肩力も実はあんまり必要ない。盗塁A走力Aみたいな相手には肩力を上げてもまず盗塁されるし、そうでない打者はそもそも盗塁をあまり試みないからだ。
なにより、栄冠ナインのCPUはあまり盗塁を仕掛けてこないので、ゲームの仕様上の意味でも肩力は最低限で十分。
ただし「やすやすと盗塁させたくない!」「守備重視のキャッチャーがいい!」などのこだわりがあれば肩力B、守備C辺りまで上げても良い。
いずれにせよ、残りは打撃に振るのがおすすめだ。特にパワー型にしやすいポジションなので、ミートとパワーを上げていくと良いだろう。
能力を上げる順番は「捕球C→肩C→パワーD→ミートD→走力D→パワー、ミート重視で自由」

※余談、オーダーについて
1,2番に巧打者(ミート型)を、4番に強打者(パワー型)、3,5番はそれに次ぐ打者。6番以降の下位打線は強い順に並べるのがオススメ。
よく「3~5番に強打者を置くと良い」と主張する人もいるが、実際は打順が多く回る1,2番に強打者を置いた方が良い(と、私は思っている)。
もうひとつ。パワプロでは外野は関してはライト、レフト、センターどこも守れるが、特に起用にこだわりがなければ守備能力が一番高い選手をセンターに置くこと。
これはおろそかにしがちだが、実は割と重要である。

ピッチャー

ピッチャーに関しては当然野手と育て方が違うので別に解説していく。
投手共通の作業として「スタミナ、コントロールをDまであげる」「次いで球速を最低でも140km/h以上に」「次いで取得している変化球を2種類以上にし、全て変化量を3以上にする」「スタミナ、コントロールをCまで」「最後に球速を150km/h以上に」という流れが理想的。
今作で特に重要なステータスは球速だと思っている。遅いと速いでは大分違い、155km/hを超えればかなり抑えてくれるようになる。
一方、変化球についてはそもそも私の知識があまりないのでイマイチ育成法を確立できていない……とりあえず、2球種変化量3総変6以上に球速があればやはり抑えてくれるというのが経験談。
とりあえず最低限のコントロールとスタミナを確保したら、あとは変化球を伸ばした後球速にガン振りするのが良さげ。
理想は「160km/h以上スタコンAA以上、総変9以上(かつすべての変化球の変化量が3以上)」あたりだが、ここまでのエースが作れているのならすでに栄冠ナイン上級者だろう……

※継投について
実は私は継投を一切していない。基本的にエース級の投手を1人作り、そのエースに投げさせまくるのが私のスタイルである。
よってこの育成方法も一人の絶対的エースを育てる用なので、継投を使う人にとってはあまり参考にならないかも知れない。

※二刀流について
二刀流に関してだが、これは「完全に投手能力が理想形になった場合」限定でアリだと思う。
基本的にピッチャーは打てないため打撃におけるストッパーとなりがちなのだが、打撃能力に振ればそれを防げるためだ。
また、体感だが投手能力はある程度上がるとそれ以上上げても防御率はあまり変わらない気もする。その意味でも、二刀流は十分現実的だと思う。
大谷が来たり天才肌の投手を引いたりしたら試してみるのもいいだろう。

ノア

こんなところかな?

以上、栄冠ナインの攻略(?)記事でした。一応次回は「特殊能力について」を予定しているが、書くかは気分である……

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です