【Part.7】バックギャモン! 次の一手【中級編?】

ノア

今回は中級編?

そろそろポイントマッチをやろうと思ったりやっぱいいやと思ったりする最近。
個人的に、エラーレートが1ケタ台でかつそれを何戦か維持できれば少なくともチェッカープレイでは中級者というイメージがあるのだが、どうなのだろうか。

ノア

それはともかく、いってみよう♪

バックギャモン、次の一手! 中級編

次の一手:バーに2つコマがある状態で幸運にも6ゾロのロール。2枚エンターするのは確定として、残った6×2の目はどう動かす……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の手:bar/19*/13(2)

最善手:bar/19*(2)8/2*(2)

解説、考察

私の手(悪手)

最善手

ノア

ここはほぼこうだろう、そう思ってた時期が私にもありました

バックマンがぴょんぴょん跳ねてりゃいいだろと思ったのだがそれは不正解。ここは2ポイントをヒットアンドカバーのbar/19*(2)8/2*(2)が最善のようだ。
勝率にして約5%の変化だが、されど5%と言った方が適切だろうか。ちなみに、この勝率についてはいくつかの候補手を評価し直しているので恐らくより正確。

さて、とはいえ私の手が致命的に悪手かというとさすがにそうでもない。事実、この局面でバックマンがはねるのは自然なように思える。っていうか、この目が出るとつい跳ねたくなっちゃいません? そうでもない? そうですか……

それはともかく、しかしやはり最善手はbar/19*(2)8/2*(2)。ここは強気に相手を封じ込めにいった方がいいということだろうか。
こちらの4つ並んでるブロックは崩れてしまうが、その代わりインナーにブロックが一つ増えるので相手のダンス率は高まる。

さらに、そもそもこの局面では相手のコマを二つバーにあげるというだけでもより優勢を加速させられる。このヒットにより「どちらかがダンスする可能性」もより高くなる。4ゾロ以外ではカウンターヒットもないのも重要か。
さらにさらに、こちらは攻めゴマが6~8ポイントに一つずつあるので、次ターン4ポイントor1ポイントにブロックを作れる可能性も低くない。
バックマンが逃げる手も悪くはないと思うが、今わざわざ跳ねる必要はないようにも思える……うん、たぶん。

まとめ

ノア

解説これであってますかね……
中級編と銘打ったが、解説の難しさが上級編なのだが……やはり素人の限界か。
とはいえ、このシリーズはまだまだ続けていく。キューブアクションについてもいずれやりたいしな。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

2 Comments

杉並委員長

こんにちは。

今回だとbar/19*(2), 8/2*(2)が強いのは、ダブルヒットが一番大きいと思います。
こちらは4面ボード(出られる箇所が二つしかない)なので、白は出にくい&万が一4ゾロ出されても19ポイントの二つでカバーできれば十分かなと思います。
ダンスしてくれようものなら、プライム作る時間もあるでしょうし。
そういう意味でも過度に走らないのは大事かなって思いました。

返信する
noah25252

こんにちは、コメントありがとうございます。

そうですね、やはりダブルヒット(さらに今回の場合カバー)は強いですね。
19ポイントで相手のコマを待ち構えるのはなるほどと思いました。確かに、この局面だと白がいずれ抜けてもまた19ポイント付近でとらえられる可能性はありますね。解説感謝です!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です