【Part.6】バックギャモン! 次の一手【中級編?】

ノア

やると楽しい、それがバックギャモン

今日も元気に、恒例のバックギャモン次の一手だ。
どうでもいいが、最近この記事割と需要あるのではと思ったりする。私から見るとやっぱり意外なのだが、バックギャモンの次の一手を記事に起こしたりしているサイトはやはり全くない。

……

…………

まぁ、需要無くても書きますけど!

ノア

それでは、レッツゴー!

※余談
今回の記事から画像をクリックした際ポップアップされるように仕様変更を行った。
特に解析画像は細かい数字が見やすくなっていると思う。というかもっと早くやってくださいそれ

 

バックギャモン、次の一手! 中級編

次の一手:現時点では勝勢と言っても過言ではない状態で4,3のロール。フルプライムによるクローズアウトは出来ないが、とりあえずヒットは可能。無難に動かすこともできるが、さて……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の手、最善手:9/5 7/4

解説、考察

私の手、最善手

自陣が強く思わずヒットといきたくなる局面だが、ここはグッとこらえた「9/5 7/4」が最善手。
ヒットしなければよいだけかというとそうでもなく「9/5 4/1」でも勝率が7%ほど落ちる(一見自然な手のように思えるが)。

まず、ヒットとする「7/4 7/3*」だが、これも同じく勝率が7%落ちる。この手は非常に攻撃な手だが、次に3を出された時が非常に厄介。相手のプライムもあまり弱くはないので、カウンターヒットされた場合は一気にわからなくなる。万一3ゾロを出されたらすべてをあきらめるしかないだろう。

次に「9/5 4/1」だが、これは単純にコマが若干前のめりになるので怒られるようだ。「9/5 7/4」としておいた方が、攻めゴマの枚数が1枚増えるのでその点で少し有利というところだろうか。

解説は以上……と言いたいところだが、ことはそう単純ではないのだ。以下もう少し解説。

次善手とされた「7/4 7/3*」だが、この手はある別の視点から見ると違った強みがあることにお気づきだろうか。

……そう、ずばりこの手「勝率は落ちるがギャモン勝ち率が一気に上がる」のだ。

当然といえば当然である。この手では3ポイントのコマが非常に重要な働きをしていて、このコマはヒットすると同時に次のロールでフルプライムを見せられる(1,4,6でフルプライム、クローズアウトが完成)。
先ほど非常に攻撃的な手と解説したのはこの「ギャモン勝ち率が上がる」という意味でもある。

このゲームは1ポイント先取なのでやはり最善手は変わらないのだが、仮にポイントマッチではこちらの手が最善手という可能性も大いにある。
その点では、状況により最善手が変わるという割と複雑な局面なのかもしれない。

まとめ

ノア

そろそろポイントマッチやろうかなぁ……

この次の一手シリーズでキューブアクションについても扱いたい……とは思っているが、実はこの試合この後悪手を連発して負けたのでまだ手を出してはいけない気もしている。
やはり先は長いのだろうか……

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

2 Comments

杉並委員長

こんばんは。

1ポイントマッチでしたら安全に最善手を取った方がいいと思いました。
また記事中で言及されている目について、9/5 4/1は1ポイントのスタックが増えるのがやや早いので避けたい、7/4 7/3*は2枚オンザバーでも3,7,9と3か所も転がっているので、1ポイントを争ってる場合だと避けたいところですね。確かにギャモン勝ちの勝率は上がると思いますが。
やはり相手インナーがそこそこ強い形なので、安全に行くならヒットは避けたいかなと思いました。

返信する
noah25252

こんばんは。

そうですね、個人的には(攻撃的なギャモンを目指しているので)「7/4 7/3*」はついつい指したくなる一手です。ですがおっしゃるとおり、カウンターヒットの可能性も大変高いので、1ポイントの安全勝ちを狙うなら指さなくてよい手だと思います。

余談ですが、ここまでの全てのコメントを読ませていただきました。どれも勉強になる内容で、またすべての次の一手記事にコメントを頂けて大変ありがたいです。よろしければ、これからも当ブログをよろしくお願いします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です