【Part.3】バックギャモン! 次の一手【上級編?】

ノア

我ながらうまく指せた……

バックギャモン、次の一手シリーズ。今回は(多分)上級編。
自分でも「こんな手で大丈夫か?」と思ったのだが、蓋を開けてみれば「大丈夫だ、問題ない」状態だった、そんな感じ。

バックギャモン、次の一手! 上級編

次の一手:相手のプライムがそこそこ強い状態、こちらが必死にバックマンを進めているところで出た5,1。13/8は確定、残りの1は……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最善手、私の手:13/8 2/1*

 

解説、考察

Part.2と同じ3択だが、こちらは難しい3択。というのも、最善手以外の二つは大きく勝率が落ちる悪手だからだ。
まず「13/8 4/3」は感覚的に「無い」一手だろう。一応作ってあるプライムが崩れ、かつブロットも生まれるのでメリットが見当たらない。事実、この手を指した場合は勝率が2割も落ちる大悪手だ。
となると実質2択……この状況だと「13/8 3/2」をつい指したくなってしまうのではないだろうか。ヒットしない分ヒットされかえすカウンターもない(8ポイントのバックマンは浮いたままだが)し、プライムも残したままにできる。しかし……

ノア

駄目です

実はこれ、最善手ではない。解析を見てみると、0.654→0.588と7%ほど勝率が落ちる手になる。悪手と言い切れるほどの悪手かというと際どいが、少なくとも最善ではない。
ここは強気に「13/8 2/1*」のヒットが正解だ。私の考察だが、ここは1の目でのカウンターは致し方なし、こちらも2〜4ポイントを固めているのでまだヒットしておいた方が有利になるということだろうか。
この手には、もう一つ美味しい点がある。幸運にも相手がダンスしてくれた時、今度はこちらが1か2の目をだせば1ポイントにブロックを作れる。それでも相手に5や6を出されればあっさり抜け出されてしまうが、こちらのバックマンが逃げる時間稼ぎとしては十分だろう。もちろん、大きな目が出たらさっさとバックマンをインナーに入れてランニングゲームにしてしまえば勝ち確だ。

まとめ

(私的には)なかなか難しい次の一手だったが、いかがだっただろうか。
迷いつつもこの手を指せたあたり、私も少し成長したのかもしれない。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

4 Comments

あまの

こんにちは。

本文でお書きになっているポイントに加えて、1の目の使用が重なってる点も大きいかもしれないですね。
つまり最善手で2/1*とヒットしたあと、相手がバーからヒットするのも1ですし、7/8*とヒットするのも1の目になります。
ショット数(自分の駒がヒットされる数)をかぞえてみると
【最善手を選んだ場合】1がらみと35&26で15/36とおり。
【次善手を選んだ場合】1がらみと34&25で15/36とおり。
どちらも15とおりで、危険度はそんなに変わっていないということなんでしょうね。

返信する
noah25252

こんにちは。コメントありがとうございます!

拝読しました。なるほど、1の目の重なりについては私も感じていたのですが「細かいからいいか」と適当に飛ばしてしまいました……今後は気付ける範囲で解説に加えていきたいと思います。
その他の点についても、非常にわかりやすく言語化されていて大変参考になりました。自らのバックギャモンスキルの向上や記事の質に反映できればと思います。重ね重ねありがとうございました!

返信する
杉並委員長

こんばんは。

記事やコメントで言及されていない点で一つ思ったことを書かせてもらいます。
2/1*の時点で、ピップ数にかなりの差ができています。ということで赤としては、

1.白がダンスするならそれでよし
2.もし1ポイントでヒットされても4以上の目がないと出られない
3.大きな数字で出られた場合は、そのまますれ違うことを優先すればいい

というスタンスが取れると思います。それも加えると、ヒットが自然だなと思いました。

返信する
noah25252

こんばんは。コメントありがとうございます!

解説、読ませていただきました。
全体を広く見られているというのが良く伝わってきました。どうしてもコマを動かす際にその周辺のポイントのみに目がいってしまうので、杉並委員長さんのように全体的に見て局面を判断できればと思います(まだ先の話のように思えてしまいますが)。
コメントの通りだと思います。1ポイントでのカウンターヒットをつい恐れてしまうのですが、確かにこの局面では仮にヒットされても、すれ違ってカウント有利のままランニングゲームに持ち込める算段が高そうですね。参考になりました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です