【Part.2】バックギャモン! 次の一手【初級編?】

ノア

第二弾だよー

前回の記事とは変更点があるので、そこを一応注記しておく。

変更点

解析レベルをsupremoからgrandmaster(1レベル上)に変更。より最善手や解析の精度を向上。

もうひとつ、今のところキューブアクションについては除いている。その内書くと思うのだが、今のところキューブアクションよりチェッカープレイを重視したいという思いがあるので。
キューブアクション次の一手も面白そうなので、何度も言うがそのうち書く……多分

バックギャモン、次の一手! 初級編

次の一手:セミプライムを作られた状態で幸運にも6がでてバーのコマを救出。それはそうとして、残りの2は……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最善手、私の手:bar/19 4/2

解説、考察

「6,2」の目はソフトでは「幸運」扱い。セミプライムをあっさり抜けられたからだろうか。
実質2の目をどこに使うかという問題だが、これは4ポイントを動かすのが正解らしい。
他の手は二つあり、一つは「bar/19 5/3」もう一つは「bar/17」
これらを一つ一つ見ていくと、まず前者はそれほど悪くないがブロックを一つ崩す手になる。それなら4ポイントの遊びコマ(ブロックに3つ以上のコマがある場合、3つ以上上のコマを「遊びコマ」と呼ぶ。今決めました)を無難に動かしておいた方がいいということだろう。若干勝率が落ちるようだ(わずかな差であり、この手でもまぁよし)。
もう一つ「bar/17」だがこれは大悪手(0.33→0.203)。ピップカウントでは有利なこともあり一見手拍子で指してしまいそうな手だが、これはダメだろう。
まず、この時点でコマが二つ孤立するとその時点でかなり危険なのは見ての通り。相手のインナーにはセミプライムが完成しており、一つ捕まるだけでも大分厳しい。万一二つ捕まったら目も当てられない。
それに、仮に次ターンヒットされず2の目を出して17ポイントにブロックを作ったところで時すでに遅しだろう。それなら最初から素直に19ポイントに居座っておいて、あとはインナーのコマでなんとか目を消費し抜けられそうになったら一気にランニングゲームへ……と素直に指した方が気持ちがいい。
以上の事から、この三択は「bar/19 4/2」が最善手。この時点で厳しいが、それでも最善を尽くすならこの手は指したい。

まとめ

ノア

実際2の目の使い方には迷うよね
とはいえ、今回は簡単だったと思う。まぁ、人によるかもしれないが……余談だが、意外にもこのゲームは最後の最後でゾロ目が出て勝負を制した。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

2 Comments

杉並委員長

こんばんは。ひとまず一通りコメントを残していこうと思います。
今回の場合ですと、bar/19は確定で、残りの2の目を4/2にされています。

ここで4/2にして良かった理由がもう一つあるかなって思いました。
それは、次に1の目を出した際に2/1と(今でも十分高いですが)無駄のないスタックを組めるところかな、と。さすがに19ポイントをヒット無しで外すのは怖いですし、自分のインナーを可能な限り崩さず、次の目に備えられるからだと思いました。

返信する
noah25252

こんばんは。

拝読させていただきました。なるほど、確かにその通りですね。私レベルだと基本次のロールのことをあまり考えていないので、次ターンのロールについてアドバイスを貰えると非常に参考になります。ありがとうございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です