【Part.11】バックギャモン! 次の一手【初級編?】

ノア

ようやく初級編っぽい問題が出せた……

前回のアレがあまりにも難易度が高かったので、今回は簡単な問題を。前回のアレは下記。
【Part.10】バックギャモン! 次の一手【最上級編?】

ノア

前置きは飛ばしていってみよう♪

バックギャモン、次の一手! 初級編

次の一手:幸運にも5ゾロのロール、バックマンをすべて押し上げることもできるし、5ポイントを作ることもできるが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の手、最善手:bar/15 10/5*(2)

 

解説、考察

私の手、最善手

ここは素直にゴールデンポイントを押さえておこう、無駄のない「bar/15 10/5*(2)」が最善手だ。

この時点でわざわざ20のアンカーを動かす必要はない。特にピップカウントでは負けているため、下手にランニングゲームを狙っても不利になるだけだろう。
一応バックマンをすべて逃すことも可能だが、それよりここは攻撃が優先される場面だ。

5ポイントを作るのはヒットアンドカバーで無駄が一切なく、さらにそこそこ強い並びを作ることが出来る。
相手のダンス率も高められるし、7ポイントや9ポイントを作ればさらに相手は苦しくなる。
こちらのコマが比較的動きやすく捕まりにくいのもポイントだろうか。ブロットが出そうな7~11を叩かれてもすぐ復帰できるし、相手は1ポイントのバックマンが足を引っ張ってなかなか思うように盤面を動かせないだろう。

さて、5ポイントを作るのは確定としてエンターも確定。一つ5の目が残るのだが、ここはそのまま飛び越えて15ポイントに動かすのが良いだろう。
アンカーは2枚のコマで十分だし、この形なら15ポイントから攻めゴマとしても活用できる。「アンカーは3枚以上いらない」という定石に従っておこう。

……

ノア

……定石なの?

まとめ

まぁ定石だろう、多分。読者の皆さんも、アンカーにコマが積み重なっていたら是非ばらしてみてはいかがだろうか。こういう時だけ当たり前のことを偉そうに言うのもなんだけど……
この問題を見返してみると、確かに3枚以上あるアンカーは無駄だなと思う次第だ。ある意味しっかりとした初級者向けの問題かも知れないな。
余談だが、この後トンデモ不運ロール&超絶悪手(ノアイリュージョン)をやらかして負けている。初級者はお前だったか……

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です