【プロ野球】野手登板に関しての個人的見解

ノア

……で、それが何か問題?

先日の巨人vs阪神戦で「0-11で大敗している中、巨人の原監督が野手を登板させた」ということが話題になっている。
話題にというよりかは物議を醸しだしているというか「これはやっちゃいけない、相手チームは侮辱されていると思わないだろうか」という批判もあれば、巨人OBの上原浩治氏は「何がダメなんでしょうか」ダルビッシュ有氏も「(この采配は)全然あり」などと擁護する意見も見られる(当の原監督は「最善策」と断言している)。
これに関してはツイッターでも賛否両論であり(ざっと見だけど)、意見の分かれるところだろう。

しかし、これに関して私個人の見解を述べさせてもらうならば

野手を登板させて何か問題があろうか、いやない。

という一点に尽きる。なぜそう思うかというのをこれから私なりに述べさせてもらおう。

ノア

そもそもこんなことで議論してる時点でレベルが知れる……おっと

大前提、ルール違反でない

まずはっきりさせておくが、野手を登板させることは野球のルールに反してはいない。

ノア

そもそも反してたら登板できないんだけど

「舐めプではないか?」という意見に対しての反論

先にも述べた通り「相手チームを侮辱している」「舐めている」という意見も多くみられる。
しかし、上記の通り野手登板はルール違反ではなく、あくまで「ルール」の観点から見れば別に問題のない行為である。
「ではマナー違反ではないか?」そんな意見もあるだろう。結論から言うと「野球におけるマナー」というのがそもそも曖昧で、マナー違反であるかないかは個人の裁量による。大雑把に言えば、マナー違反かもしれないしそうでないかもしれないというところ。

マナー的にどうなのか?

ノア

私は全く問題ないと思いますけどね
「ルールに沿っていれば何をやってもいいのか!」と言われそうだが……ルールの範囲内であれば何やってもいいだろう。さっきも言ったけどマナーには個人差があるので。
そもそも侮辱とか舐めプとかいう議論に発展しているのがおかしいのである。
「野手登板は本気で勝ちにいってない!」という意見が仮にあったとしたら「じゃあ野球の不文律はどうなの?」と私は言いたい。
前にもこのブログで述べた野球の不文律……例えば「大量リードではバント・盗塁してはいけない」「ノーヒットノーランがかかっている投手に対してバントをしてはいけない」など様々あるのだが、これは大変矛盾している。

ノア

だって不文律守る以上本気で勝ちにいってないじゃん
本気で勝ちに行くのが正義なのだとしたら、大差でも狙えればどんどん盗塁すべきだし、ノーヒットノーランの投手にはバントをして動揺してもらうのが正義だろう。
しかし、おかしなことにこれらは野球の不文律に反している……つまりは「マナー違反」なのである。
本気で勝ちに行くのとマナーを守ることは相反するのである(すべてがそうかはわからないが、少なくとも一部は)。本気で勝ちに行くべきだが暗黙のマナーを守れ、など随分調子のいい話だ。
また、プロ野球でもたまにファンサービスとして野手登板が採用されることもある。それはいいけどこれはダメ、それは曖昧過ぎると思う。

舐めプはされる方が悪い!

ノア

されるとムカつくのはわかるけどね
ここからまたおかしな話になるのだが、まず「舐めプはされる方が悪い」のだ。
大差で負けていて相手が盗塁してきたところで、それがルール違反でない以上はっきり言って阻止できないのが悪い。舐めプされるのが屈辱だというのなら、そもそも舐めプされないようになればいいのである(これは決して阪神が弱いという侮辱ではなく、今回はたまたまこの試合だったというだけだ)

ノア

……ん?
>「0-11で大敗している中」

ノア

……!?
おかしなことになんとこの時阪神は勝っている。つまりこれ、別に阪神が弱いわけではなくむしろ強かったわけで、巨人の采配は実は舐めプというよりかは投了に近い。
負けている方が舐めプ、負けている方が相手を侮辱……? いやいや、そんな舐めプのどこが様になるだろうか。これはサッカーで言うなら5-0で試合が進んだ時負けている側のキーパーがその場に座り込むようなもので、いってしまえば試合をあきらめたバカである。
仮に阪神がこれを侮辱と捉えるならそれは仕方ないだろう。ただ、バカ相手に侮辱されたと感じる時点でズレていると私は思う。まるでネズミが猫に突進するかの如く。そんなことで猫はキレるだろうか。

※今度は巨人を侮辱しているようなので補足しておくが、原監督が野手登板を採用したのは「控え選手を休ませるため」である(多分)。
これは決してバカではなく「この試合を捨てて投手を温存し、次で勝つ」という、ある意味「本気で勝ちに行く」采配である。あくまで記事内で書きやすいので「バカ」としたが、個人的には名将原監督らしい好采配だと思う。

っていうか、舐めプはチャンスなのでボコボコにしてやれ

ノア

それでも「いや、舐めプだ! これは感情の問題だ!」という人に対して
じゃあ舐めプはボコボコにして侮辱し返してくださいよ……そもそも相手が舐めている時点でチャンスなのだから。
ゲームに例えるならば、これはただでさえ負けている相手が「次からこのボタン封じて戦うわwww」とか言ってるようなものであり、それが仮に侮辱だというのならばその舐めプを突いてボコボコにしてやればいいのでないか。感情の問題だというのなら、その侮辱を実力をもって叩き返してやればよい。
また、舐めプするということは相手が故意に勝率を下げている事と同義だ。それはまたとないチャンスであり、舐めプされている側はメリットしかない。喜ぶことはあっても、悲しむ要素は一つもないはずだ。「本気で勝ちに行く」のであればなおさらである。
もしこれで「侮辱された!」とか「そのせいで舐めプに勝てなかった!」というのであれば、それは言い訳であり感情のコントロールもできていないという自らの愚かさを晒す行為でしかない。

まとめ

ノア

重ねて言うけど、何一つ問題はない
ただし私は野球を見るのはともかくやることに関してはど素人だ。選手でしかわからないこともあるかも知れない。
個人的な見解であることは明確にしておく。あとこの記事は決して炎上狙いとかではない……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です